top of page
  • 広報

平屋はプライベート空間が確保できない?


ここ数年、人気が衰えるどころか

さらに需要が増えつつある平屋。


ワンフロアで生活のすべてが完結するのは魅力的ですが、

プライバシーの確保はできるのか?

気になる方も多いのではないでしょうか。

結論から言いますと、

平屋でも間取り次第で

プライバシーの確保は可能です。




リビングを中心に、各部屋へ扉一枚で行ける間取りは人気ですが、生活音が届きやすかったり、自室が見えやすかったり、、、プライバシー面では少々物足りなさを感じる。

そんな方も中にはみえると思います(筆者もその一人です。)




プライバシーを確保しつつ快適に過ごせる間取りとは?




たとえば

隣同士に部屋を作るのではなくワンクッション挟む。


廊下や収納スペース、廊下兼用洗面スペースなど、

壁一枚の真隣じゃないだけで

お互いの生活音などのストレスは軽減されます。


リビングを中心に回遊できる間取りにしたり

中庭を作ったり、部屋同士が近くならないように工夫する。


それぞれの部屋は離れていても、

同じフロアにいるので、孤立する感じはありません。



お子様がいる家庭は

子供もいつか思春期を迎えます。


子供部屋も「見守れるちょうどいい距離」が必要な時期もありますよね。



まとめ


家族を近くに感じながら、プライバシーも確保できる。


どのライフステージでも過ごしやすい住居を作ることが目指せる平屋はこれからもますます需要が高まっていくと感じています。


家は毎日過ごす大切な場所です。

最幸ハウスでは皆様のお気持ちと生活に沿った家造りを提案したいと思っています。



まずはお気軽にご相談ください。

相談=契約ではございません。

しつこい勧誘もいたしません。


ご相談は随時受け付けしておりますので

お友達に連絡するくらいのお気持ちで

お問い合わせください^^








閲覧数:14回0件のコメント

Comments


bottom of page