top of page

DINKsの2人が描く理想の平屋暮らしとは?




DINKs(ディンクス)という生き方を選んだ方達は

‘‘大きな住まいは必要ない‘‘と考える方が非常に多いです。


無駄な空間を無くして、コンパクトで機能的な住まいがあれば

それで十分心地良く暮らせると感じているからです。


そんなご夫婦には、平屋の一軒家での暮らしが大変おすすめです。


平屋のメリットとしては、一階だけなのに、2層のプランが可能なことや

天井高を活かして、解放感のある住まいづくりができることです。


一見小さなイメージの外観でも室内は、ゆとりたっぷり。

DINKsのご夫婦には、そんな小さな平屋をおすすめします。


本日は、なぜDINKsの2人には平屋がおすすめなのか

その理由を詳しく解説して参ります。


ぜひ、お家づくりの参考になさってくださいね♪



DINKsの夫婦が求める暮らしとは?


1.コンパクトに機能的に暮らしたい


2人でのんびり暮らすには、より機能的に動ける間取りが理想です。


共働き、旦那様だけ働く、お2人ともシルバー世代でゆったりと暮らす。

どんなお2人でも、家族が多い方が求める住まいとは考え方が異なり、

できれば水回りスペースを含めて、動きやすい住まいがポイントとなるでしょう。


2.夫婦それぞれに個室が欲しい


夫婦2人だと、LDKに寝室があれば1LDKでも暮らすことはできますが、

リモートワークも増えている時代、

共働きの場合だとそれぞれの仕事部屋が欲しいですよね。


夫婦1人だけ仕事をしている場合でも、同じく仕事部屋を作っておくのがベスト。

さらにリタイアしても、それぞれの趣味を楽しめると思います。


こう考えると、LDK+寝室+個室の3LDKが理想と言えるでしょう。

ですが、もっと小さくてもいい、という時は

2LDK+フリースペースでも間取りも含めて考えてみましょう。


3.ペットも自由に動き回れるようにしたい


ペットも一緒に暮らす場合は、ペットの居場所についても考えてあげたいですよね。


長年一緒に暮らしていると家族も同然です。

小型犬や猫などが自由に動き回れる住まいだと、より豊かな気持ちになれます。




DINKs夫婦におすすめの間取りとは?


■回遊式の導線を導入する


夫婦2人で暮らすのにおすすめの間取りは

プライバシーも確保したうえで、

家の中を障害なくぐるりと一周回れる回遊式導線です。


家事効率が格段にアップしたり、少ない移動距離で生活が成り立つので

共働きで忙しいというご夫婦や、老後まで長くこの家で暮らしたいという方に

とっても有効です。


■寝室にワイドなウォークインクローゼット


寝室に大型のウォークインクローゼットを取り付けられるのも

DINKsならではの魅力ではないでしょうか。


■寝室からすぐに行けるトイレ


家族がたくさんの場合には、音漏れなど気になることもあるかもしれませんが

夫婦2人の生活であれば、これから長く生活することを踏まえて

寝室からすぐの場所にトイレを設置すると

将来的にも快適な住まいが実現するのではないでしょうか。



まとめ


いかがでしたか?


今回はDINKsのご夫婦に

平屋での住まいがおすすめな理由についてお話いたしました。


お互いを尊重し合いながら、ご夫婦でゆったりと暮らしを楽しみたい

そんな2人には平屋での暮らしはとてもおすすめですね。


最幸ハウスはコンパクトな平屋専門のハウスメーカーです。


大きな家は必要ない。だけど、自分だけの住まいが欲しい。

そんなコンパクトで快適な暮らしを求める方々に向けた

「平屋プラン」を坪数と値段別に分かりやすくご提案しております。


お値打ちなだけではなく、デザイン性にもこだわった

おしゃれでローコストな住まいです。


最幸ハウスでは、毎週土日「大工出身の社長による家づくり相談会」を開催しております。


家づくりの初心者でゼロから話を聞いてみたい!という方も

いろいろ調べているけれど、これってどうなの?という方も

ぜひ一度お越しいただければ幸いです。


相談会のご予約は

下記画像をクリックしてお申し込みお願いいたします。



閲覧数:23回0件のコメント

Comments


bottom of page