top of page
  • 広報

キッチンの種類



キッチンにもさまざまなタイプがあり

どれにするか悩みますよね。


今回はキッチンタイプの紹介です。




I型キッチン


I型キッチンとはシンクからコンロまで

横一直線に並んでいるキッチンのことです。

1番よく使われているので、皆さん馴染みがある形ではないでしょうか。


手元が隠せるようにもできるし

オープンにもできます。





L型キッチン


その名の通りL字型になっているキッチン。

ワークスペースが広がり存在感のあるキッチンです。

広くなってもL型になっているので作業もしやすいです。




アイランドキッチン



アイランドキッチンは壁と接する部分がなく

オープンになっているキッチンです。


開放感があり、キッチンの周りが動きやすく

ダイニングテーブルも近くに設置すれば

料理を運ぶのも片付けるのも楽です。




セパレート型キッチン


セパレート型キッチンとは

シンクとコンロを別々に分けたキッチンです。


広い作業スペースが確保できます。

一度は憧れる方も多いのではないでしょうか。





まとめ


今回はキッチン4パターンのご紹介でした。

毎日使う場所だからこそ悩むし、こだわりも出てきますよね。


選ぶキッチンでお部屋の形も変わります。

理想のキッチンを考えてから間取りを考えるのも一つの案です。

ライフスタイルに合ったキッチンを探すお手伝いができれば幸いです。




画像はすべて

ハウステック様よりお借りいたしました。



閲覧数:21回0件のコメント

Comments


bottom of page